ストレスチェックで判明する高ストレス者への対応

main-img

50名以上の従業員がいる職場にはストレスチェックというテストを行わなければいけません。


従業員は簡単なテストを受けると、今自分がどのくらいのストレスであるのか分かります。

もしも自分が高ストレス者と判断されたらどの様なスケジュールでどう対応されるのか分かりません。
ストレスチェックにて高ストレスと判断されたら、他の従業員と同様の方法で通知されます。

通知の違いで他の従業員に結果が分からないようにするためです。

ストレスチェックの情報を簡単に探すことができます。

また職場の上司であっても強制的に結果を開示させてはいけないという決まりがあります。

高ストレス状態になると、そのままでは健康状態が悪化します。

悪化しないように産業医などの医師と面談を受けることができます。これは全ての高ストレス者に受ける義務はなく、同意された場合のみ実施されます。

高ストレス者で面談を申し出ない従業員には、そのままでは心身ともに悪化する恐れがあるためパンフレットなどでアドバイスが行われます。

また再度通知する事で医師の面談を促すこともあります。



面談が行われるときは、医師の判断により仕事上でのストレスの原因を判断されます。それをもとに職場では職場環境の改善や就業の仕方を見直す作業が行われます。
対策方法は労働基準監督署へ報告する事になっています。ストレスチェックの結果で解雇など従業員に不当な対応をしてはいけない事になっています。



産業医ともしっかり連携して、高ストレス者が見逃されず、継続したケアを行う事が大切です。


いまどきのストレスチェック

subpage01

ニュースでもよく報道されていますが、うつ病で休職したり自殺したりする人の数が増えているという悲しい現状があります。社員が休職したり退職したりすることは、会社にとっては痛手です。...

more

ストレスチェックの最新考察

subpage02

現代日本において、ストレスと無縁の生活を送ることはできません。そんなストレス社会の中で仕事をしていると言っても過言ではありません。...

more

ストレスチェックの対策方法

subpage03

最近ではストレスチェックを取り入れる会社が増えてきています。パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを使って質問に答えていくことで、普段どれくらいのストレスを抱えているかわかるものになっています。...

more

大事なストレスチェックの事

subpage04

ストレスチェック制度は厚生労働省から発行されているマニュアルにその詳細が定められています。実施するためにはそう責任者である実施者を定めることがまた必要であり、その実施者を中心として様々な組織を形成することになります。...

more