ストレスチェックと心の健康

subpage01

ニュースでもよく報道されていますが、うつ病で休職したり自殺したりする人の数が増えているという悲しい現状があります。

ストレスチェックを求める人にお勧めしたいサイトです。

社員が休職したり退職したりすることは、会社にとっては痛手です。人員を増やして仕事量を分散させることも可能ですが、予算がかかるので、簡単にできることはありません。
そこで、社員の心の状態を判断するものとしてストレスチェックがあります。

ストレスチェックは医師の専門的な診断を必要とするものではなく、誰でも簡単に受けることが出来ます。また、診断結果もすぐに出て、費用も抑えられることから、多くの企業で導入されています。
ストレスチェックを受けることで、自分がどんなことにストレスを感じているのか、うつ病などの心の病気の兆候は無いのかを知ることができます。


自分で自分の心の状態を意識することは簡単ではありません。忙しい毎日を送っている人ならなおさらです。ところが、自分で気付かないうちに無理をして仕事をしている人は、結果を受けて仕事量を減らしたり、仕事をより分担しよう意識できるようになります。
「無理は禁物」という意識が過剰な仕事にブレーキをかけるのです。会社の管理職が結果を把握することも大切です。



人員の増減や配置換えの判断材料として活用できるからです。

これはきっと社員を守り、会社の良好な運営にもつながることでしょう。
ストレスによる休職や退職は、会社の損失だけでなく、家族の生活にも重くのしかかってきます。そうならないために年に何度かはストレスチェックを受け、心の健康を保った状態で働くことが大切です。