ストレスチェックと実施者について

subpage01

ストレスチェック制度は厚生労働省から発行されているマニュアルにその詳細が定められています。

ストレスチェックの有益な情報をお届けします。

実施するためにはそう責任者である実施者を定めることがまた必要であり、その実施者を中心として様々な組織を形成することになります。

この実施者になることができる人物は法的に定められており医師や保健師、または一定の経験を積んだ看護師などいくつかの医療従事者に限定される性質があります。

しかしながらストレスチェックが義務付けられている一般の事業所にとっては医療従事者を従業員として雇用している事は稀です。

例外的に産業医契約を結んでいる場合においては、産業医が自社となってストレスチェックを実施することができる場合もあるでしょう。

しかし産業医契約があっても小規模な事業者の場合には産業医が毎月のように活動しているケースばかりではありません。



実質的に職場にはいないと言うケースが少なくありません。
そのため実施者の権限を行使することができるサポート役として実施事務従事者が設定されるのが一般的です。
産業医等の実施者の指示を受けて実施事務従事者は様々な活動することが許されています。

この仕組みを応用することによって様々な手続きを円滑に進めることができるとすればストレスチェックを上手に利用することができていると言えるでしょう。


実施事務従事者は実施者の手足となって活動することが求められている担当者であり、そのチェックを外部委託する際にも大きく活躍することになるでしょう。